MISSION

すべての資産をデジタル化する

HashPortは「すべての資産をデジタル化する」をミッションに、ブロックチェーンの社会応用を支えるソリューションプロバイダーとして事業を展開しております。 暗号資産交換業者様を含む多くの日本国内の企業様に、新規暗号資産取扱関連サービスやコンサルティングサービスを提供しております。また、海外の有力ブロックチェーンプロジェクトの日本における成功を支援するアクセラレータープログラムを提供しており、多くのプロジェクトの日本展開を成功させております。

BUSINESS

ブロックチェーンの社会応用を支えるソリューションプロバイダーとして
ウォレットシステム、NFTプラットフォーム、コンサルティングの3つの領域に注力しています。

暗号資産交換業向けウォレットシステム事業

国内最高セキュリティ水準の暗号資産交換業者向け暗号資産ウォレット管理システムを提供しております。

暗号資産の秘密鍵管理において、実際の長い運用経験に基づいたノウハウを活かして安全性と可用性を実現します。

Detail

ウォレット開発/運用

国内登録済み暗号資産交換業者3社に導入済み。秘密鍵がデジタル端末を介してオンライン環境と接することのない完全なオフライン型のコールドウォレットを実現しています。フルノードのアップデートやハードフォーク/ソフトフォークに対しても積み重ねた運用実績から、取引システムを含めた運用提案を行うことが可能です。

研究開発

東大出身者を中心にブロックチェーン開発経験を持ったエンジニアリングチームが、学術論文を元にしたアルゴリズムの開発を行っており、デジタル資産を瞬時に摩擦なく移動できるインフラの研究・開発を行っております。

NFTプラットフォーム事業

NFT(Non-Fungible Token)を発行・管理・流通するためのブロックチェーンプラットフォームのシステムを提供しております。

東証一部に上場するコンテンツ企業である株式会社Link-Uと2020年3月にジョイントベンチャーとして株式会社Hashpaletteを設立し、コンソーシアムブロックチェーン「パレット(Palette)」を立ち上げました。

Detail

NFTコンサルティング事業

これまでのPoC実施やサービス開発経験を活かし、NFTを活用したサービス提供について事例調査やサービス設計の段階からNFTを活用した経済圏の構築まで広くサポートを行います。

NFTプラットフォーム開発

NFTの発行・一次販売・二次流通を含むアプリケーションのシステム提供をサービス設計から開発・保守に渡って一貫してサポートを行います。

株式会社Hashpaletteホームページ

https://hashpalette.com/

ブロックチェーンコンサルティング事業

ブロックチェーンコンサルティング事業では、ブロックチェーンプロダクト・暗号資産の信頼性についてのシステム監査および日本の暗号資産取引所様が金融庁未承認の暗号資産を取り扱う際のコンサルティングを行なっております。

特に、金融庁より厳しい基準を定められている新規暗号資産の監査については、日本トップレベルの実績を有しております。

Detail

ブロックチェーンシステム監査

ブロックチェーンネットワークとスマートコントラクトの両方について、多面的なシステム監査サービスを提供しております。

新規暗号資産監査事業

パートナーソーシング、プロジェクトデューデリジェ ンス 、コードレビュー、取扱申請資料作成・質問対応 サポートといった新規暗号資産取扱に関わる一連の業務に一気通貫で対応しております。

BOARD MEMBER

  • 代表取締役
    吉田 世博
    Seihaku Yoshida

    代表取締役
    吉田 世博(Seihaku Yoshida)

    2013年慶應義塾大学法学部卒後、2016年ボストンコンサルティンググループに入社。同社のデジタル事業開発部門であるBCG Digital Venturesにて、東京オフィス最年少のVenture Architect(投資・事業開発担当者)として日本及び中国でのプロジェクトに従事。2018年に株式会社HashPortを創業し、代表取締役に就任。国内の主要暗号資産交換業者にコンサルティング・システムの提供を行う他、IOST、Enjin、Qtum、Tron、Tezos、Ontology、Neoなど多くのプロジェクトの日本展開も支援している。また、東京大学工学系研究科共同研究員、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート「暗号資産研究プロジェクト」共同研究メンバーを務めている。

  • 社外取締役
    郷治 友孝
    Tomotaka Goji

    社外取締役
    郷治 友孝(Tomotaka Goji)

    UTEC(株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ)共同創業者・代表取締役社長、日本ベンチャーキャピタル協会常務理事。
    2004年以来、UTEC1号から5号までのベンチャーキャピタルファンドの設立・運営、110社以上のサイエンス/テクノロジースタートアップへの投資を行い、これまでに13社が株式上場、12社がM&A等を果たす。
    前職 (現経済産業省)では、我が国ベンチャーキャピタルファンドの根拠法となった『投資事業有限責任組合法』(1998年制定)を起草。
    1996年東京大学法学部卒、2003年米国スタンフォード大学経営学修士(MBA)、2020年東京大学博士(工学)。

  • 社外取締役
    志村 正之
    Masayuki Shimura

    社外取締役
    志村 正之(Masayuki Shimura)

    1958年9月7日生まれ。1982年から2017年まで三井住友銀行に勤務。2010年4月より2015年3月まで同執行役員・常務執行役員アジア・大洋州本部長、2015年4月同専務執行役員(経営会議メンバー)にそれぞれ就任。2017年5月から2019年6月まで三井住友カード代表取締役専務執行役員。東南アジアやフィンテック領域での経験・実績を元に2019年7月Shimura&Partnersを設立、代表取締役に就任。現在BASE株式会社、メドピア株式会社、株式会社bitFlyer等の社外取締役を務める他、株式会社CAMPFIRE、株式会社レノバ等の顧問にも就任。東京大学経済学部卒。

  • 社外監査役
    海保 文吾
    Bungo Kaiho

    社外監査役
    海保 文吾(Bungo Kaiho)

    1984年1月25日生まれ。2007年から2012年までPwCアドバイザリーにてM&Aアドバイザリー業務に従事。2012年からは監査法人トーマツにて、上場会社の会計監査の他、上場準備会社に対するIPO課題調査からIPO前後の会計監査及び内部統制支援業務を一気通貫して担当。2017年以降は主として暗号資産交換業に対する会計監査及び分別管理監査に従事し、同業界の会計監査に関するルールメイキングや業界団体の出席、営業活動を行う。その後、2021年1月にベンチャー企業特化型の監査法人FRIQを設立し代表パートナーに就任。慶応義塾大学経済学部卒。公認会計士。

PARTNER&CLIENT

INVESTOR

Research Partner

RECRUIT

HashPortは、「すべての資産をデジタル化する」をミッションに、ブロックチェーンの社会応用を支えるソリューションプロバイダーとして事業を展開しております。暗号資産交換業者様を含む多くの日本国内の企業様に、新規暗号資産取扱関連サービスやコンサルティングサービスを提供しております。また、海外の有力ブロックチェーンプロジェクトの日本における成功を支援するアクセラレータープログラムを提供しており、多くのプロジェクトの日本展開を成功させております。

採用メッセージ

HashPortでは、「すべての資産をデジタル化する」というミッションの実現に向け、ソフトウェアエンジニア、事業開発責任者等幅広いポジションで積極的に採用しています。ブロックチェーン技術や暗号資産に興味をお持ちの方、また、金融の「デジタル化」による社会変革に携わりたい方、コンタクトフォームよりエントリーをお待ちしています。